平成31年度入学者選抜試験における学校裁量についてお知らせいたします。

平成31年度北海道豊富高等学校入学者選抜学校裁量について.pdf
 
平成29年度北海道高等学校学習状況等調査
における本校生徒の学習及び家庭学習時間等
の状況について
本校の状況をお知らせいたします。
 

 

学校いじめ防止基本方針

本校のいじめ防止基本方針について、
以下のファイルをダウンロードしてご覧ください。
→学校いじめ防止基本方針(H30改訂).pdf
 
 

地域キャンパス・センター校や遠隔授業の情報、公立高等学校配置計画などがあります。
 
学校案内パンフレット
 今年度の学校案内パンフレットが出来上がりました。関係機関には配布していますが、入手希望の方は本校まで電話またはメールで連絡してください。

電話 0162-82-1709

toyotomi-z0@hokkaido-c.ed.jp



 

〒098-4100
北海道天塩郡豊富町字上サロベツ475番地

北海道豊富高等学校

電話 0162-82-1709
FAX 0162-82-1194

toyotomi-z0@hokkaido-c.ed.jp


本ホームページは教育目的のために作成されています。画像、内容の無断転用は固くお断りします。

 

校長挨拶




豊富高校ホームページへ、ようこそ

  北海道豊富高等学校のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
  
 本校が位置する豊富町は、豊かな自然に恵まれ日本最北の国立公園「利尻礼文サロベツ国立公園」のサロベツ原野と日本最北の「温泉郷」があり海面から立ち上がる利尻富士も一望できる雄大で貴重な自然に溢れる町です。また、酪農業や水産業が盛んな町でもあります。
 本校は、昭和25年に北海道稚内高等学校豊富分校として開校して以来、幾多の変遷を経ながらも、常に清新の校風の樹立を積み重ねて参りました。卒業生も、3,400余名となり、地域はもとより全国で活躍する有為な人材を輩出している開校68年目を迎える歴史と伝統ある高等学校です。
 現在、普通科一間口、稚内高校をセンター校とする地域キャンパス校として、教育活動の推進をめざし、学びの充実と豊かな心を育むとともに、「コンピテンシー」の拡張を目標とした教育活動に日々取り組んでいます。また、生徒らは実践目標のもと、「たくましく生き抜く人」「たえず学び続ける人」「ともに助け合う人」を目標に向かって邁進して自身の可能性に挑戦し続けて欲しいと願っております。
 本校では、生徒一人一人を大切にした丁寧な指導を基本とし生徒の進路実現をめざし学習指導や講習等の充実、各種資格取得に取り組んでいます。また、豊高祭、体育大会、全校ボランティア活動、生徒・保護者・教師のシンポジウム等の様々な行事を通じて自律心を高め豊かな心と逞しく生きる力の育成にも努めております。本校ならではの恵まれた学習環境と熱意ある先生方の生徒一人ひとりに寄り添った手厚い指導で、充実した高校生活を送ることができるようサポートしています。

 これからも、地域の方々のご支援ご協力を賜りながら広い視野に立った特色ある学校教育を充実させ、関係機関・保護者の皆様の期待と信頼に応える魅力ある学校づくりに努めて行きますのでよろしくお願い申し上げます。



       平成30年4月
                                                                              北海道豊富高等学校長 佐 藤 康 則


 

教育目標等


平成30年度 学校教育目標等
北海道豊富高等学校
学校教育目標

 たくましく生き抜く人
 たえず学び続ける人
 ともにたすけ合う人

1 重点目標

 (1)学習意欲を喚起し、基礎基本の確実な定着と主体的に学ぶ態度を育てる。
 (2)自律心を高め、豊かな心とたくましく生きる力を育てる。
 (3)自己理解の深化を図り、たくましく自らの進路を切り拓く能力を育てる。
 (4)健康な心身と生命尊重の態度を育てる。
 (5)教育の質の維持向上に留意しつつ、教職員の心身の健康が保たれるよう、業務改善や勤務時間    管理等を行う。
 (6)「部活動休養日等の完全実施」に向けて、部活動の指導・運営に係る体制を構築する。

2 経営方針

 (1)本校の全教育活動を通して、教育目標の具現化を図る。
 (2)教育課程の改善・充実に勤め、時代や地域に求められる学校づくりを推進す る。
 (3)期待や信頼に応える教育活動を推進し、情報発信・説明責任を果たす。
 (4)実践と研究を重視した協同体制で学校としての教育力の向上を図る。
 (5)教員が日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで、自らの人間性を高め、生徒に対して     効果的な教育活動を行うことができるよう、環境の整備に努める。
 (6)生徒や担当教員の健康・安全はもとより、生徒のバランスのとれた生活や心身の成長に配慮     するため、働き方改革の視点を盛り込んだ部活動運営を推進する。

3 教育課程編成の方針

 (1)基礎・基本の確実な定着を図るとともに、進路に対応した学力の充実を目指す。
 (2)各学年とも週30単位を標準とし、教科・科目、総合的な学習及び特別活動の調和ある教育     課程を編成する。
 (3)学習指導要領を基にセンター校との連携を考慮し、地域に根ざした特色ある教育課程を編成     する。
 (4)生徒、保護者、地域の期待に応え、能力・適性、興味・関心、進路希望等に応じた学力の向     上を図る。

4 指導上の重点事項
   
 学習指導 
    学習意欲を喚起し、基礎基本の確実な定着と主体的に学ぶ態度を 育てる。

 1 基礎的・基本的な学習内容の定着を図り、それらを活用する   能力の育成に努める。
 2 わかる授業を目指して、授業研究の推進を図り、指導力の向   上に努める。
 3 個別指導の充実によって継続的な学習習慣を身に付けさせ、   生きる力の育成に努める。
 
 生徒指導 
  自律心を高め、豊かな心とたくましく生きる力を育てる。

 1 基本的生活習慣を身に付け、主体的に考え行動できる生徒の   育成に努める。
 2 生徒会活動や部活動の充実を図り、主体性や社会性の育成に   努める。
 3 ボランティア活動を積極的に推進し、豊かな心の育成に努め   る。
 4 ガイダンス機能及び教育相談の充実に努める。

 進路指導 
  自己理解の深化を図り、たくましく自己の進路を切り拓く能力  を養う。                                         
  1 進路相談を通して生徒の能力・適性を把握し、生徒の自己理   解の深化に努める。
   2 家庭・地域との連携を密にし、生徒一人一人の能力・適性に   応じた進路相談の充実に努める。
  3 地域活動への参加や体験的学習の積極的拡充を図り、望まし   い勤労観・職業観の育成に努める。

 健康・安全指導   
  健康な心身と生命尊重の態度を育てる。

 1 心身の健康と安全についての理解を深め、自ら実践する心の   育成に努める。
 2 学校環境の美化・改善を図るとともに、公共心の育成に努め   る。
 3 地域や関係機関との連携を密にし、安全教育の充実に努め    る。



 

緊急連絡(メール連動)

緊急連絡
一件も該当記事はありません。

☆豊高の給食☆

 豊富町では生徒の食育および健康増進の向上のため、希望者を対象に学校給食があります。
 お母さん大助かりですね(^o^)
 ↓ はこれまでの給食です。
 
COUNTER306296
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

子ども相談支援センターお知らせ.pdf
↑詳しくはこちらをクリックしてください
 

豊富町のPRをしてきます!
1・2年生が参加します。
平成30年度(今年度)は中止となりました。
 

 

3月16日にリニューアルしました!